食べてすぐ寝るのは危険?

 

食べてすぐ寝ると牛になるよ~?

なんて言葉を聞いた事がある方もいるでしょう。
食べてすぐ寝るのってそんなに駄目なの?

はい、食べてすぐに寝てはいけない理由がちゃんんとあるそうなんです。

胃に食べ物が入ると、胃は胃酸を出して一生懸命食物を溶かし
消化しやすいように加工してくれるそうです。

しかし寝てしまうと胃は本来の活動が出来なくなり、
胃も一緒に寝てしまうんだとか。

するとどうなるか?
食べ物がそのまま腸に行き、悪玉菌を撒き散らしながら腐敗してしまうそうですよ。

そのためガスが溜まる、お腹が張る、老化が進む、太るなど不調が続いてしまうんですね、、、

食べた後は椅子に座ってゆっくり休憩し、けして横になったり寝るのは控えるのがおすすめです。

>>酵素ドリンクの選び方



Pocket