悪玉菌とは?

腸内の環境を整えてくれるのが”善玉菌”といわれ、悪玉菌は腸内の環境を不潔にしてしまう菌といわれております。

善玉菌が正義の味方だとしたら、悪玉菌は名前にも入っているとおり 悪でしょう。

悪玉菌の主な活動は
腸内を腐敗していくことだそうです。

悪玉菌が増えれば増えるほど、老化は早まり
なんとなく気分が悪い。おならが臭いなどの現象が出てくるんだとか。

腸内が腐敗すると血液は汚れ、活性酸素がきわめて多く発生し体調が悪くなる可能性があるそうなので怖いですね、、、

ちなみに活性酸素は細胞を傷つけ酸化(老化)させてしまうんだとか。

悪玉菌が増えれば増えるほど善玉菌が減り
善玉菌が増えれば増えるほど悪玉菌は減ると言われております

では、どうやって善玉菌を増やしていけば良いのでしょうか?
ビフィズス菌ヨーグルトや乳酸菌、酵素を沢山含んだ食べ物を取る事で善玉菌を増やす事ができるそうですよ。

>>酵素ドリンクの選び方



Pocket